埋没毛 原因と対処法

埋没毛とは

埋没毛について考える女性
「埋没毛」とは、脱毛したり、ムダ毛を剃ったりした後に、なんらかの原因で、毛が皮膚の中で発毛し、成長したしまったもののことを言います。
皮膚の中に埋まってしまっているので、外側から取り除くことが難しく、黒い毛が透けて見えるため、ぼつぼつと汚く目立って悩む方は多いようです。

原因は

埋没毛ができる原因は、カミソリや毛抜きを使った、ムダ毛の自己処理にりよるものがほとんどだと言われています。
自己処理の際に、毛穴に傷がついて雑菌が入ってしまうことなどにより、本来、毛が出てくるはずの毛穴から、表面に出ることができず、毛が埋まってしまうのです。

対処法

まず、埋没毛がすでにできてしまった場合の対処法をご紹介します。
自分で行う方法としては、ピーリングがあります。
古い角質を溶かし、新しい皮膚の再生を促す方法です。
埋没毛は基本、肌のターンオーバーにより毛が埋まっている皮膚ごと生まれ変わっていくので、自然に解決するものです。
その肌のターンオーバーを、ピーリングにより促進していきます。
やりすぎは肌に負担がかかるので、週二回程度で行うのが良いでしょう。
レーザー脱毛で解消する方法もあります。
レーザー脱毛は、レーザーを当てて毛根を破壊するため、表面に毛先が出ていない埋没毛でも、解消することができます。
一度破壊した毛根からは、もう毛は生えてきません。

予防対策

できてしまった埋没毛の対策をごしょうかいしましたが、まずは埋没毛を作らないことが1番です。
カミソリ、毛抜きなどによる自己処理で毛穴を傷つけてしまうことが原因の埋没毛なので、処理をしないことが1番です。
と、言いたいところですが、気になるムダ毛を放って置くわけにはいかないですよね。
1番毛穴に負担をかけずにムダ毛処理をする方法が、医療レーザーや光脱毛で自己処理から解放されることだと言われています。
綺麗にムダ毛の悩みを解決するには、専門機関で脱毛してしまうのが一番だと言えそうですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*