脱毛コラム

脱毛サロンの勧誘の上手な断り方で引っ越すというのはあり

勧誘を上手く断るテクニック

勧誘を断る女性
脱毛サロンの勧誘を受けたときにどのように断るか?というのは難しい、悩ましい問題かもしれませんが、物理的に今後その脱毛サロンで施術を受けることができないということを話しておくと、意外と簡単に断ることができる可能性があるのです。

それは引越しをするから、今後この脱毛サロンに通うことはできないということです。

引越しをして別の場所に住むことになるので、勧誘を受けてもその脱毛サロンを利用するのは不可能という状況ならば、さすがにそれ以上の勧誘はしてこないのではないでしょうか?

物理的にその脱毛サロンに通うことが難しいと言えるので、その状況で勧誘をしてくることは考えづらいと言えます。

そういった手を使いながら、脱毛サロンの勧誘を断るというのが良いと思うのですが、引越しをするということを言うと、どこに引っ越すのでしょうか?とか、追加でいろいろと聞かれる可能性もあるので、そういった質問を想定して、ちゃんと答えられるようにしておくと良いと思います。

堂々と回答しよう

逆にそういった質問をされて、答えられないとか、口ごもってしまうとなると、嘘をついているのではないか?と怪しまれる可能性もあるのです。

だから、引っ越すからその脱毛サロンには通えないという回答で勧誘を断るときには、そういうことまで考えてから使った方が良いのではないでしょうか?

産後の脱毛では医療脱毛は控えておこう

産後のムダ毛処理

産後の女性
産後の脱毛をするときには脱毛サロンとともに医療脱毛という選択肢もあります。
脱毛サロンは産後から一定期間が経過しないと利用できないということがありますが、医療脱毛もそういう可能性はあります。
こういったところは共通しているものの、実は大きな違いがあるのでそこを知っておかないといけないのです。
それは医療脱毛は脱毛サロンと比べて脱毛に使う機器の威力が強いということです。
したがって、医療脱毛を産後の脱毛で行ってしまうと、肌に対しての刺激がとても強くなりすぎて、肌トラブルが起きる可能性がかなり高くなります。

医療脱毛について

産後から大分時間が経っていれば、肌の状態が出産の前に戻るので敏感ではなくなり、そういったことは起きないのではないか?と思いますけど、脱毛サロン同様に産後間もない時期に医療脱毛を利用すると何らかのトラブルになりかねないので、産後という時期には脱毛サロンを利用するのはともかく、医療脱毛は産後の脱毛としてはおすすめできないのです。

一定期間経過後は脱毛サロンの利用は問題なさそうですが、医療脱毛は相当程度経ってからじゃないと、リスクがあるということになります。

医療脱毛というのは、脱毛サロンと比べるとそこまで身近な存在ではないと思うので、知らない人も多いかもしれませんが、そういったところも知っておかないといけないのです。

埋没毛 原因と対処法

埋没毛とは

埋没毛について考える女性
「埋没毛」とは、脱毛したり、ムダ毛を剃ったりした後に、なんらかの原因で、毛が皮膚の中で発毛し、成長したしまったもののことを言います。
皮膚の中に埋まってしまっているので、外側から取り除くことが難しく、黒い毛が透けて見えるため、ぼつぼつと汚く目立って悩む方は多いようです。

原因は

埋没毛ができる原因は、カミソリや毛抜きを使った、ムダ毛の自己処理にりよるものがほとんどだと言われています。
自己処理の際に、毛穴に傷がついて雑菌が入ってしまうことなどにより、本来、毛が出てくるはずの毛穴から、表面に出ることができず、毛が埋まってしまうのです。

対処法

まず、埋没毛がすでにできてしまった場合の対処法をご紹介します。
自分で行う方法としては、ピーリングがあります。
古い角質を溶かし、新しい皮膚の再生を促す方法です。
埋没毛は基本、肌のターンオーバーにより毛が埋まっている皮膚ごと生まれ変わっていくので、自然に解決するものです。
その肌のターンオーバーを、ピーリングにより促進していきます。
やりすぎは肌に負担がかかるので、週二回程度で行うのが良いでしょう。
レーザー脱毛で解消する方法もあります。
レーザー脱毛は、レーザーを当てて毛根を破壊するため、表面に毛先が出ていない埋没毛でも、解消することができます。
一度破壊した毛根からは、もう毛は生えてきません。

予防対策

できてしまった埋没毛の対策をごしょうかいしましたが、まずは埋没毛を作らないことが1番です。
カミソリ、毛抜きなどによる自己処理で毛穴を傷つけてしまうことが原因の埋没毛なので、処理をしないことが1番です。
と、言いたいところですが、気になるムダ毛を放って置くわけにはいかないですよね。
1番毛穴に負担をかけずにムダ毛処理をする方法が、医療レーザーや光脱毛で自己処理から解放されることだと言われています。
綺麗にムダ毛の悩みを解決するには、専門機関で脱毛してしまうのが一番だと言えそうですね。

アンダーヘアの脱毛はプロにお任せ!

アンダーヘアの脱毛方法

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛は、自宅での脱毛よりもサロンでの脱毛がおすすめです。
理由は、自分では見づらく狭い部位も多く脱毛器具をあてにくいうえ、非常にデリケートである部位であるため傷つけてしまうと大変だからです。
アンダーへの脱毛は、できれば脱毛サロンや医療脱毛機関で熟練のスタッフに行ってもらうのが安心安全でしょう。

サロンなどでのアンダーへの脱毛のコースは、「VIO」と表されている場合が多いです。デリケートゾーンで前方から見える部位がVライン、肛門まわりがOライン、その間がIラインです。それぞれ、V・I・Oの形状に見えることからこのように表記されています。すべてを脱毛するのも可能ですし、部位を選んで、また毛量の希望(すべて脱毛するのか産毛程度を残したいのかなど)を伝えることも可能です。

スタッフの方が仕上げをしてくれるので安心

アンダーヘアの脱毛は、基本的には傷などが無く生理中でなければ脱毛してもらうことが可能です。
しかし、サロンによっては、自己処理をしていくことが必須の場合があります。しかし先述のように、自己処理をカミソリなどで入念にやりすぎるとデリケートな部位を傷つけてしまうこともあるので、電気シェーバーなどで長い毛をカットしていく程度にとどめておくと良いでしょう。見えにくい部位ですので、完璧でなくともサロンのスタッフの方が仕上げをしてくれるので安心です。

プロの脱毛で、安心安全に快適を手に入れましょう!

脱毛をしてワキガを改善するためには自宅で行うのも良い

脱毛でワキガを改善

ワキガを改善した女性
脱毛するとワキガが改善するということで、脇の毛を剃ろうと思っている人もいるでしょう。

脱毛をするというときには、脱毛サロンに通うという人もいますが、そこまでしないといけないのか?というと、そんなことはないと思います。

脱毛するとワキガが改善するというのは、毛がなくなることによって、細菌が脇の場所に留まれなくなることが原因なので、毛を剃れば良いという意味では、完全に綺麗に剃る必要はないと言えるでしょう。

ある程度ちゃんと剃れていれば、細菌がそこにはいられなくなるので、十分ワキガの臭いが軽減する可能性があります。

だから、完璧に脱毛ができていなくてはいけないというわけではないので、その部分を考慮すると、自宅で脱毛をしても良いのではないか?と思うのです。

カミソリを使うという方法について

カミソリを使うという方法でも、十分ワキガの臭いを軽減させられる可能性がありますから。

だから、カミソリなどを使って脇の毛を剃っていくということを定期的にしていくと、少しずつ脇の臭いが軽減して、ワキガが改善していくということになると思います。

自宅で脇の脱毛をすれば、それだけお金もかかりづらいですし、そういったメリットもあるので、脱毛をしてワキガの症状を緩和させていきたいと考えたときには、自宅でカミソリなどを使って剃るというのでも良いと思うので、知っておいてほしいと思います。